戸塚区A様邸住宅塗装


DSC06636.JPG施工前の写真です。屋根や庇以外は真っ白のお宅です。前回の塗り替えをした職人さんの仕事が完成度が高く、気を使って塗った跡が見てとれました。こういった前回の仕事を見ることで勉強になることがありました。今回の塗り替えもそれを超えられるように尽力しました。


DSC06913.JPGこの写真は全てを塗り終わった後の完成写真です。ほとんど新品位の仕上がりになりました。


CIMG6535.JPG壁下塗りをしているところです。高圧洗浄をした際チョーキング(白亜化)が激しかった場合や表面が平滑な場合にはリフノンという下塗り材を使います。この下塗り材は万能下塗り材なのですが他の水性下塗り材に比べて粘度が低くより平滑に仕上がります。


CIMG6541.JPG壁上塗りの1回目を塗っているところです。写真にある溝の部分も一回刷毛で塗り込んだ後ローラーで塗り、その後塗料の「たれ」がないかもう一度戻って確認してから先に進むといった塗り方をしています。


CIMG6543.JPG外壁の上塗り2回目を塗っているところです。1回目でも細心の注意をはらって塗っていますが、もう一度塗りのこしのないように確認しながら塗っています。今回はコスモマイルドシリコン(油性)を塗っています。

DSC06914.JPG外壁を塗り終わった所です。艶がわかりやすいと思います。

DSC06920.JPG全てを塗り終わった完成写真です。

DSC06925.JPGこちらも完成写真です。前回の仕上がりと同等以上にはなれたのではないでしょうか。前回の職人さんにやった仕事からいろいろと勉強させてもらいました。塗料は日々進化しているので品質は時代の変化とともに上がりました。