旭区Y邸住宅塗装

DSC05095.JPG完成写真です。


2013-04-05 17.28.55.jpg足場を架けたところです。バランス良く足場を組み、見栄えを良くしています。


2013-04-05 17.29.39.jpg足場が複雑になってしまうところもなるべくきれいにメッシュを張っています。


2013-04-06 08.53.32.jpg高圧洗浄をしているところです。日があたり劣化した表層を高圧で吹き飛ばしながら流していきます。

CIMG5813.JPGシーリング(窓周り)を撤去しています。一度カッターで切れ目を入れ撤去した後に細かいかすなどもそぎ落としていきます。

CIMG5816.JPGシーリング(外壁継ぎ目)を撤去しています。こちらも一旦取った後にさらに細かいかすをそぎ落としていきます。薄く残ったものを取り除かないと再度剝れる可能性を減らしています。

CIMG5820.JPG写真にはありませんが、養生テープを張りプライマー(接着剤)を塗った後にシーリングを施工しています。奥まで十分に充填することで耐久性を高めます。

CIMG5822.JPGシーリングをならしています。場所によってヘラの形を作ってきれいにならせるように工夫しています。

CIMG5826.JPGシーリングを撤去したところだけが模様が取れてしまっていますので吹付けをして模様を整え、仕上がった時に違和感がないようにします。ここでは通常下塗り材に使うものを吹付ける専用の道具を使用しています。

2013-04-18 14.54.01.jpgパターンをつけ終わった所です。これで下塗りをする準備が完了です。

2013-04-23 13.49.40.jpg外壁の断熱塗装(キルコート)の1回目を塗っています。

CIMG5831.JPG外壁断熱塗装の2回目を塗っています。左右で塗った部分の違いがわかると思います。2回塗ることで十分な厚さの塗膜を確保しています。

CIMG5835.JPG外壁斜熱上塗り塗装1回目を塗っているところです。

CIMG5836.JPG外壁斜熱上塗り2回目を塗っているところです。こちらも2回塗り重ねることで合計4階の斜熱断熱塗膜が完成されました。

CIMG5839.JPG雨戸に吹付け塗装の下塗りをしているところです。

CIMG5845.JPG雨戸に吹付け塗装上塗り1回目をしているところです。技術が必要ですが、均一にきれいに仕上げられる方法です。

CIMG5847.JPG雨戸吹付け塗装上塗り2回目をしています。均一に吹付けるように気を使って仕上げていきます。

CIMG5849.JPG防水の劣化してしまったところを補修しています。

CIMG5858.JPG防水トップコート1回目を塗っています。

CIMG5867.JPG防水トップコート2回目を塗っています。

CIMG5874.JPG防水トップコート完了です。

CIMG5909.JPG雨戸を吹付けを完了し復旧したところです。新品のように輝きをとりもどしました。

CIMG5919.JPG足場を解体し塗装を完了したところです。

CIMG5920.JPGこちらも完了した写真です。