金沢区乙舳町内会館塗装

CIMG5553.JPG屋根の高圧洗浄をしているところです。海の横なので苔のほかに塩分も落としておきます。


CIMG5563.JPGシーリングを撤去しています。撤去の際にサッシを傷つけないように保護テープを貼っています。


CIMG5568.JPGシーリングをうっています。2液性の変成シリコンシーリングを使用しています。写真にはありませんが、プライマー


CIMG5571.JPGシーリングをならしています。その場所場所の形状に合うようにヘラを加工ししようしています。

CIMG5583.JPG鉄部の下地処理をしています。特に錆が激しい部分には電動工具で削り落とす場合もあります。

CIMG5585.JPG屋根の板金の下地処理をしています。このばあいはマジックロン(立体的なやすり)で擦っています。表面の弱った塗膜やほこりをこすり取っています。

CIMG5586.JPG板金に錆止めを塗っています。2液性のエポキシ系錆止めを塗っています。

CIMG5591.JPGこちらも2液性のエポキシ錆止めをぬっています。

CIMG5590.JPG壁の下塗りをしているところです。サイディングに対してのシーラーとして万能型下塗り材を塗っています。

CIMG5594.JPG壁の上塗り1回目をぬっています。繋ぎ目が出ないように2~3人で一気に塗っていきます。

CIMG5598.JPG壁の上塗り2回目を塗っています。同じ色を塗るので塗り残しのないよう注意して塗り進めていきます。

CIMG5600.JPG高所作業車での作業風景です。やむを得ず足場がかけられない場合高所作業車で作業をしていきます。

CIMG5606.JPG高所作業車での上塗りの様子です。建物にぶつけないようゆっくり確実にうごかしていきます。

CIMG5604.JPG屋根の下塗りシーラーを塗っています。均一に上塗りを仕上げる為の大切な作業です。

CIMG5612.JPG屋根の上塗り1回目を塗っています。シリコンの上塗りを2回塗ることで高耐久の仕上がりになります。

CIMG5616.JPG屋根のえんぎり作業をしています。屋根材の間に塗料がたまって水の抜け道を塞いでしまうのを防ぐためです。

CIMG5619.JPG屋根の上塗り2回目を塗っています。繋ぎ目が出来ないように気をつけて塗っていきます。

CIMG5628.JPGサイディング保護のクリアー塗料を塗っているところです。サイディングでも塗りつぶさないでクリアーを塗るパターンもあります。こうすることでイメージはそのままで耐久性を上げることが出来ます。

CIMG5630.JPGクリアー保護塗料も2回塗ることで塗膜の厚さを確保しています。

CIMG5632.JPGシャッターに錆止めを吹付けたところです。

CIMG5634.JPGシャッターに吹付け(上塗り)をしているところです。凹凸が激しく刷毛やローラーで塗りずらい場合はカップガンをつかって吹付けることもあります。

Image [2].jpg塗装完了です。


Image [3].jpg塗装完了です。


Image.jpg塗装完了です。