旭区K様邸住宅塗装

CIMG4926.JPG屋根に苔が付いてしまっています。苔が付いたままだと塗装が苔ごと剥がれてしまうので下地処理として落とします。

CIMG4931.JPG150kgf/cm3の水圧で高圧洗浄をしているところです。写真の通り苔がキレイに剥がれ落ちているのがわかると思います。

CIMG4932.JPG鉄骨階段の錆止め(2液性エポキシ塗料)写真にはありませんがこの前段階として、大きな錆の部分はケレンハンマーで錆を叩き落し、その後に電動サンダーで錆を完全撤去しています。(2種ケレン)


CIMG4933.JPG外壁(サイディング部分)の錆止めを塗っています。溝の部分やローラーの入らない部分など刷毛を使い分けます。


CIMG4934.JPG逆に広い部分などはスピードを上げるためにローラー(6インチ)を使用します。


CIMG4936.JPG外壁(サイディング部分)の上塗り(日本ペイント:ファインウレタンU100)1回目を塗っています。こちらも細かい部分や溝を刷毛で塗っていきます。

CIMG4935.JPG同様にローラーで広い部分を塗ります。

Image [8].jpg屋根のシーラーを塗っています。高圧洗浄で苔とともに表面を少し削っていますので、吸い込み防止のためにもシーラーが大事になってきます。

Image [10].jpg屋根の金物に錆止め(日本ペイント:ファインプライマーⅡ)を塗っています。

CIMG4937.JPG屋根の上塗りをしています。写真なかの金物(雪止め)の上側にも塗装をしています。

Image [7].jpg破風(木部)の下塗りをしています。木部の下地処理は電動振動サンダーで平滑にした後に下塗りをします。

CIMG4939.JPG破風と樋の上塗りをしています。スピードではローラーに負けますが仕上がり感を考慮し刷毛で塗っています。

Image [5].jpg外壁(モルタル部分)の上塗りをしています。写真左の白い部分は下塗り剤(アレスホルダーGⅡ)見えています。

Image [3].jpg外壁(モルタル部分)の上塗り2回目を塗っています。

Image [2].jpg外壁(モルタル部分)の上塗り完了の表面を拡大しています。