鎌倉市K様邸住宅塗装

DSC02075.JPG一般的な瓦棒葺きの屋根の塗り替えです。隣のO様邸を施工中にお声をかけていただきご依頼いただきました。

CIMG4850.JPGご覧のように塗膜が浮いてしまっています。こういった旧塗膜は完全に除去しなければなりません。この手の瓦棒葺きの屋根は温度によって動く事が多いので剥がれてしまっているのを良く見かけます。


CIMG4851.JPGこれは下地処理をしているところです。皮スキとマジックロンを使って浮いてしまっている塗膜を完全に撤去していきます。


CIMG4858.JPG下地処理が終わったとところです。この後に大きなゴミは取り除き細かいゴミはブロワを使って吹き飛ばしてから下塗りをしていきます。


CIMG4859.JPG下塗り(変性エポキシ錆止め塗料)を塗り終わったところです。仕上げが茶色系なので赤色の錆止めを塗っています。仕上げがもっと薄い色だったり白かったりした場合は白色の錆止めを使う事もあります。


CIMG4860.JPG上塗りをしているところです。平滑に仕上るためにMicroACEローラー(大塚刷毛製造)を使用しています。