金沢区O様邸住宅塗装工事

大城様_191202_0103.jpg

金沢区の家

今回は漁港のご近所様からご依頼いただきまして、2軒並びのお宅の塗装です。

大城様_200108_0086.jpg

高圧洗浄

屋根の高圧洗浄をしているところです。もともとは黒っぽい色だったそうで著しく色あせて赤っぽくなってしまっています。表面の劣化した塗膜(チョーキング)や苔などを落としていきます。

大城様_200108_0092.jpg

屋根シーラー

屋根のシーラーを塗っているところです。前回の色あせてしまっていたのはなんなのか材料屋との打ち合わせで見極めたうえで、下塗り材を何を使うのか検討して選択しまた。

大城様_200108_0099.jpg

屋根上塗り1回目

屋根の上塗り1回目を塗っているところです。

大城様_200108_0098.jpg

屋根上塗り2回目

屋根の上塗り2回目を塗っているところです。全部で合計3回塗りをします。

大城様_200108_0131_0.jpg

壁クラック補修

外壁にかなりの数のクラック(ひび割れ)が確認できたので補修していきます。見た目は細い日々でもそこから内部に水がしみ込んで痛みが進行します。切り込みを入れて傷んだ部分を取り除いていきます。

大城様_200108_0083.jpg

壁クラック補修2

切り込みを入れているところです。

大城様_200108_0122_0.jpg

壁クラック補修3

中には下地が浮いてきてしまっているところもありましたので、そういったところは部分的にビスを打って固定してから補修を進めます。

大城様_200108_0080.jpg

補修部プライマー塗布

切り込みを入れたクラックに対してまずはシーリングで埋めていくのですが、その下塗りとしてプライマーを塗っているところです。しっかりと接着させることで再度ひび割れるのを防ぎます。

大城様_200108_0125_0.jpg

クラックシーリング注入

クラックに対してプライマーを塗った後にシーリングを注入しています。なるべく平らになるように打っていきます。乾燥すると多少痩せるので2回に分けて打っていきます。

大城様_200108_0129_0.jpg

補修部模様合わせ

クラックのシーリング処理を終えたら今度はそこに周りとの違和感を少なくするために模様合わせを行います。今回はリシン仕上げに合わせて模様をつけていきます。これで一連の補修の所までは完了です。これから外壁全体を塗っていくことになります。

大城様_200108_0116.jpg

細かいひび割れの補修

クラック補修の際にすごく細いヘアクラックと呼ばれるものに関しては切り込みを入れずに外壁の下塗り材などを刷毛で擦り込んで対応します。写真の白い筋になっている部分がそれに当たります。外壁に下塗りに使う材料は微弾性で動きをある程度追従してくれますし、全体を下塗りする際と同じ材料ですので、違和感もなく塗装できます。

大城様_200108_0100.jpg

外壁下塗り

白くなっているのが外壁の下塗りで、それを塗っているところです。微弾性のフィラーといわれる下塗り材を塗っています。

大城様_200108_0097.jpg

外壁の上塗り

外壁の上塗り1回目を塗っているところです。写真の左側の所はクラック補修をしたところが映っています。

大城様_200108_0097.jpg

外壁の上塗り

外壁の上塗り1回目を塗っているところです。写真の左側の所はクラック補修をしたところが映っています。