戸塚区H様邸住宅塗装工事

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0058.jpg

戸塚区の家

戸塚区のちょくちょく行かせていただいている住宅街のお宅の塗装です。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0037.jpg

木部下地処理

家の上の方にある木部である、破風の部分の塗装がかなりはがれていたので旧塗膜を除去して、ヤスリ掛けをして処理していきます。ある程度やすり掛けをした後は電動dサンダーで仕上げの削りをします。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0038.jpg

木部下塗り

木部の下塗りを塗っているところです。既存塗膜をはがして木がむきだしになったところを中心に塗っていきます。痛みが激しいところは何回か塗り重ねをします。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0040.jpg

木部補修

木部の中には一部腐ってしまいかけてしまっている場所もあります。大工さんに直してもらうほど大きくない場合には当社でパテなどで補修をします。木部用のパテを詰めてなるべく形を作り上げてあげます。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0045.jpg

木部補修2

少し多めに盛り上げてあげてから削ることで面を合わせて作っていきます。パテは乾燥すると痩せたりするのでそのための処理です。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0049.jpg

玄関ドア下地処理

家の顔ともいえる木製玄関ドアの色があせてしまったということで塗装をするために、下地処理をしていきます。塗装されているクリアの塗装を一旦はがしていきます。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0051.jpg

下地処理完了

細かい細工の部分まできれいに落とし終えました。こうすることで新たに着色をすることが出来るようになります。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0054.jpg

玄関ドア色入れ中

既存の薄い木の色から濃い目のチークのような色に変更しました。なぜかというと、玄関ドアの上の方は日も雨も当たりずらい為そのままの色が残っていますが、逆に一番下の方は日も雨も当たるため劣化してクリアの塗装もはがれ、色も黒ずんだりしてしまっています。そのままクリアを塗ったり薄い色を入れてクリアを塗ってもよいのですが、下の方の汚れたところに合わせて色を入れることで全体を均一な色合いにすることが出来ます。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0055.jpg

着色完了

全体に色を入れ終わりました

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0059.jpg

クリア塗装

色をある程度乾燥させ、クリアを塗り終えたところです。今回は艶消しのクリアを塗っています。

20190527鳥が丘45-13 星野邸_190701_0061.jpg

艶感

艶消しのクリアを塗ることで落ち着いた感じを出すことが出来ました。