戸塚区S様邸住宅塗装工事

杉浦邸_190323_0040.jpg

クリア塗装の家

今回のお宅は既存の模様を活かしたクリア塗装をします。

杉浦邸_190323_0004.jpg

屋根高圧洗浄

屋根の高圧洗浄をしているところです。白っぽくなっているところが洗い終わった所です。黒っぽいところはコケと古くなった屋根の表面が残っている状態です。屋根全体のこういうところを洗い流していきます。洗っているというよりは下地処理の一部ともいえると思います。

杉浦邸_190323_0020.jpg

外構洗浄

家のエントランスへ向かう外構の部分も洗浄することで積もった泥や砂、コケなどを洗い流してきれいにすることもできます。

杉浦邸_190323_0026.jpg

洗浄完了

高圧洗浄を終えた状態です。表面の皮一枚はがしたような状態になっています。

杉浦邸_190323_0009.jpg

屋根シーラー

屋根のシーラーを塗っているところです。高圧洗浄でコケや藻を落とした状態だとコーティングがないような状態なので劣化が進まないようになるべく早くにシーラーを吸い込ませて固めておきます。

杉浦邸_190323_0010.jpg

屋根中塗り

屋根の中塗りをしているところです。今回の屋根材の形状は溝があるタイプなのでローラーを転がす前に刷毛で溝を塗ってから順番にローラーを転がして塗りムラにならないように均一に仕上げていきます。

杉浦邸_190323_0013.jpg

屋根中塗り状況

中塗りを半分くらい進めたところです。

杉浦邸_190323_0048.jpg

屋根上塗り完了

更に上塗りをして屋根の塗装を完了したところです。

杉浦邸_190323_0002.jpg

壁塗装前色調整

上塗りをクリア塗装で仕上げる場合に、既存の壁の削れた部分や劣化して変色した部分などをあらかじめ補修する必要があります。補修する際に注意しなければいけないのはクリアを塗った後の状態の色に合わせた色を作らなければならないということです。写真の真ん中くらいに少し色が濃くなっている部分があると思いますが、これは色を合わせた状態となります。

杉浦邸_190323_0015.jpg

壁塗装前色調整テスト

調整して補修したところにクリアを塗ってテストしているところです。補修した所がほかの所とどうかして違和感がなくなっているのがわかると思います。

杉浦邸_190323_0044.jpg

足場解体

塗装を完了し足場を解体しているところです。

杉浦邸_190323_0042.jpg

塗装完了

塗装作業完了です。