藤沢市W様邸住宅塗装工事

渡邉邸_190323_0024.jpg

藤沢の家

今回のお宅は藤沢の町の中心に近い場所にある雰囲気のあるお宅の塗装です。

渡邉邸_190323_0001.jpg

屋根下地処理

屋根を研磨しているところです。広い面積を効率よく研磨するために道具も大きめのマジックロンを使ってモップ掛けのように研磨しています。

渡邉邸_190323_0003.jpg

屋根釘補修

屋根の釘が経年劣化で欠落していたり緩んでいたりするので打ち直しをします。

渡邉邸_190323_0005.jpg

屋根下塗り塗装

板金屋根の下塗りをしているところです。スレートの屋根の場合はシーラーを塗りますが、金属屋根の場合は錆止めを塗ることで密着を高めると同時に均一な仕上がりにすることが出来ます。

渡邉邸_190323_0014.jpg

屋根上塗り

金属屋根の上塗りをしているところです。

渡邉邸_190323_0013.jpg

屋根塗装完了

屋根の塗装を完了しました。

渡邉邸_190323_0008.jpg

木部(破風)下地処理

破風の研磨作業をしているところです。傷んでいるところを重点的に研磨して大体全体の表面を整えていきます。

渡邉邸_190323_0016.jpg

木部(破風)上塗り

木部(破風)の上塗りをしているところです。写真の赤くなっている部分は木部用の下塗りを塗った状態です。下塗りをして乾かした後に表面を軽く研磨した後に上塗りを塗っていきます。

渡邉邸_190323_0015.jpg

木部(破風)上塗り2回目

木部(破風)の上塗り2回目を塗っているところです。すべての工程を経て傷んでいた木部も艶のある仕上がりにすることが出来ました。

渡邉邸_190323_0019.jpg

木部(外壁)の中塗り

木部(外壁)の中塗りをしているところです。写真の赤い方の部分は木部用の下塗りを塗ってあり、乾燥した後に油性のウレタン塗料を塗っていきます。下塗りをした後にも多少の凸凹やバリが出るので軽く研磨した後に中塗りを塗っています。

渡邉邸_190323_0017.jpg

木部(外壁)の上塗り

中塗りを適正な乾燥時間を経て上塗りをしています。塗料には適正な塗り重ね時間が設定されており、早すぎても遅くてもダメなので適正な時間の範囲内で塗り重ねていきます。

渡邉邸_190323_0023.jpg

足場の解体

塗装の作業を完了し、足場を解体したところです。

渡邉邸_190323_0021.jpg

作業完了

塗装完了です。