金沢区O様邸住宅塗装工事

小俣様_180507_0054.jpg

ビフォア

今回は金沢区の工務店さんからご紹介をいただいたお客様のお宅の塗り替えです。写真は塗る前のビフォアの写真です。

小俣様_180507_0052.jpg

アフター

全て塗り終えて足場も撤去したアフターの写真です。

小俣様_180507_0040.jpg

屋根高圧洗浄

写真で緑いろっぽい苔などが落ちているのがわかると思います。通常屋根の高圧洗浄をする場合はトルネードノズルという超強力な水圧を作り出すノズルを使うのですが、周囲への飛散が心配な場合などは少し時間がかかってもトルネードノズルよりは飛散の抑えられたノズルを使用する場合もあります。

小俣様_180507_0039.jpg

屋根板金下地処理

屋根板金のやすり掛け処理をしているところです。やすり掛けをするついでに板金の釘はたいてい抜けたり抜けかかっていたりするものなので、合わせて打ち直しや新しくステンレス製のビスで打ち直しをしていきます。

小俣様_180507_0041.jpg

屋根板金錆止め塗装

屋根板金の錆止めを塗っているところです。上塗りが黒系の色なので下塗りもそれに近い色の黒錆止めを使って塗っています。ただ錆止めという意味合いだけではなく、上塗りとの密着性の向上、劣化し、上塗りがはがれたり薄くなってきたときにも目立ちづらいなどの効果もあります。

小俣様_180507_0043.jpg

屋根スレート部分シーラー

屋根のスレート部分の下塗りとしてシーラーを塗っているところです。高圧洗浄で表面を吹き飛ばしていますので上塗りを均一仕上げる意味でもシーラーをたっぷりと吸い込ませて塗っていきます。

小俣様_180507_0044.jpg

屋根スレート部中塗り

屋根のスレート部分の中塗り(上塗り1回目)を塗っているところです。ムラにならないように特につなぎ目に注意しながら塗っていきます。

小俣様_180507_0035.jpg

屋根スレート部上塗り

屋根のスレート部分の上塗り(上塗り2回目)を塗っています。艶を整えるように塗っていきます。中塗り同様つなぎ目に注意して塗っていきます。

小俣様_180507_0038.jpg

壁面シーリング用プライマー

壁面の継ぎ目に打ってあるシーリングの取り換え作業をしています。写真は傷んでしまったシーリングを撤去し新規のシーリングの接着剤であるプライマーを塗っているところです。

小俣様_180507_0037.jpg

壁面シーリング充填

シーリングを充填しているところです。上塗りする色に近づけたシーリングを使うことで屋根の錆止めと同じ考え方で壁の上塗りが劣化したときにわかりづらくする効果があります。

小俣様_180507_0036.jpg

壁面シーリング均し

シーリングを均しているとこです。場所場所に合わせてヘラを使いわけながら均していきます。

小俣様_180507_0034.jpg

壁面下塗り

外壁の下塗りを塗っているところです。今回は窯業系サイディング用の微弾性フィラーを使用しています。下塗りを全体に塗ることで仕上がりを均一にそろえることが出来ます。多少弾力のある材料を塗っていくことで小さなひび割れや傷などは補修できてしまいます。

小俣様_180507_0046.jpg

壁面中塗り

外壁の中塗り(上塗り1回目)を塗っているところです。

小俣様_180507_0048.jpg

壁面上塗り

外壁の上塗り(上塗り2回目)を塗っているところです。既存の色とは大分色の変化がありイメージチェンジできたのではないでしょうか。

小俣様_180507_0051.jpg

完了前検査

ほとんどの塗装作業を終えて足場のメッシュシートを外したところです。外したところでぐるりと一周見回しておかしなところや残したことがないかを作業員全員でチェックして回ります。

小俣様_180507_0053.jpg

足場解体

足場を解体し掃除をして完了です。