南区M様邸住宅塗装工事

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0022.jpg

高圧洗浄

壁の高圧洗浄をしているところです。日当たりの良い面は壁のチョーキング(白亜化)を、北の日の当たらない面はコケや藻を、また劣化した塗膜などがある場合は120kgの水圧で流し落としていきます。もっとも最初の下地作りといえます。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0002.jpg

壁クラック

外壁がモルタル壁の場合に構造上動きが生じる場所に写真のようなクラックが発生してしまうことがよくあります。木造の場合、家が経年や地震などで動きますのでこういったクラックは大なり小なり発生します。塗装作業に入る前の下地処理作業としてこういったクラックは補修します。写真はもともとのクラックの脆弱部(傷んで弱っている部分を除去した状態です。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0006.jpg

壁クラック補修

脆弱部を除去したのちに動きに追従するためにシーリングを充填します。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0007.jpg

壁クラック補修2

シーリング充填後の拡大写真です。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0012.jpg

壁クラック補修3

シーリングが乾燥した後に次は模様合わせをしていきます。補修した部分がなるべくわかりずらくなるように模様をつけていきます。写真の左側に写っているように穴の大きなスポンジ状のローラーを使って模様をつけていきます。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0013.jpg

壁クラック補修3

模様つけの作業後の写真です。この後に補修したところも含めて塗装をしていきます。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0011.jpg

壁クラック補修4

今度はクラックの中でも細い部類のもの補修です。壁の下塗りに使う材料をあらかじめ隙間の部分のみに擦り込んでいきます。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0016.jpg

壁 既存

高圧洗浄後の塗る前の状態の壁です。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0017.jpg

壁 下塗り

壁の下塗りをしているところです。微弾性フィラーなどのクラックを追従する下塗り材を使用します。クラック補修の時に物凄く細いクラックに関してはこの下塗り材で補います。

宮田邸 清水ヶ丘_170715_0024.jpg

壁 上塗り

壁の上塗りをしているところです。上塗りは2回塗りで合計3回塗りとなます。水性シリコンの塗料を使用しています。