鎌倉市T様邸住宅塗装工事

鎌倉 高井邸_170627_0033.jpg

施工完了後写真

今回のお宅は鎌倉のお宅で全体的なひび割れ補修もかねての塗装です。

鎌倉 高井邸_170627_0001.jpg

高圧洗浄中

屋根の高圧洗浄をしているところです。写真の左側の黒っぽい部分はまだコケや藻が付着している部分、右側は洗浄済みの屋根の素地が露出している部分です。高圧洗浄の機械の先端の部分はアタッチメントを取り替えられるようになっていてこのノズルはトルネードノズルといって業務用の強力な(120kg水圧)ものを使用しています。

鎌倉 高井邸_170627_0003.jpg

洗浄後

高圧洗浄を終えたところです。全体の屋根のコケや藻をすべて撤去しました。こうすることで塗装したときに長持ちする塗膜を形成する助けになります。コケや藻が残っているとまずそこからはがれていくからきちんと落とさないといけません。

鎌倉 高井邸_170627_0010.jpg

屋根下塗り(シーラー)

シーラーを塗っているところです。高圧洗浄で露出させた素地に対してある程度のシーラーを吸い込ませてあげることでその上に塗る中塗り上塗りの密着性を高めて、仕上がりをよくする効果があります。接着剤の効果とともにあえて吸わせてあげることが重要となります。

鎌倉 高井邸_170627_0014.jpg

シーラー完了

シーラーを全体に塗ったところです。全体が濡れたような状態になっています。劣化が激しいような屋根の場合1回塗っただけではすぐに吸い込んでまるで塗っていないかのような状態になってしまいます。そういった場合はシーラーを2回塗るということもしなければなりません。

鎌倉 高井邸_170627_0015.jpg

屋根中塗り

屋根の中塗り絵をしているところです。一般的なコロニアル(屋根材)より少し複雑な張り方になっているのでムラにならないように気を付けながら塗っていきます。溝の部分は刷毛を使ってあらかじめ塗ってからローラーで塗っていきます。

鎌倉 高井邸_170627_0017.jpg

中塗り完了

屋根の中塗りを終わった所です。屋根面を塗り終わった後には屋根の先っぽの部分にある板金も一緒に屋根の色で塗っていきます。

鎌倉 高井邸_170627_0019.jpg

屋根の上塗中

屋根の上塗りをしているところです。中塗りの時にしっかり全体を染め上げて上塗りの時には表面の仕上がり感を整えるように少し塗り方を変えて塗っていきます。

鎌倉 高井邸_170627_0020.jpg

屋根の上塗り完了

屋根の上塗りを完了したところです。全体を均一に塗ることができました。

鎌倉 高井邸_170627_0005.jpg

壁のひび割れ補修

壁のひび割れを補修しているところです。壁の下塗りに使う材料を下塗りをする前にあらかじめひび割れに対して擦り込んでおきます。そのあとに全体を下塗りを塗ることでひび割れを目立たないように補修することができます。

鎌倉 高井邸_170627_0006.jpg

壁のひび割れ補修後

ひび割れを補修したところです。

鎌倉 高井邸_170627_0007.jpg

壁の中塗り中

壁の中塗りをしているところです。写真の左側の部分は下塗りの状態です。壁の隅っこや細かい部分は刷毛を使ってあらかじめ塗っておき、広い面はローラーを使って塗っていきます。

鎌倉 高井邸_170627_0011.jpg

壁の上塗り中

壁の上塗りをしているところです。

鎌倉 高井邸_170627_0028.jpg

足場解体中

全体の塗装を終えて足場を解体しているところです。

鎌倉 高井邸_170627_0035.jpg

塗装完了

足場を解体して全体の掃除を終えて工事完了です。お天気にも恵まれてスムースに工事を進めることができました。