金沢区Y様邸住宅塗装工事

DSC02845.JPG

施工前

今回のお宅は壁のサイディングが2種類に貼り分けされていて、レンガ調の壁は透明クリアの保護塗装、白色の所は少しトーンを落とした塗りつぶしの塗装という仕様でご依頼をいただきました。すぐ横の公園に大きな桜が2本立っていてちょうど満開の時期に工事をしていて、少し気分のウキウキする工事となりました。

大道 山崎邸_170501_0018.jpg

高圧洗浄

屋根の高圧洗浄をしているところです。写真の上側が苔がまだ残っているところで、下半分は洗浄済みのところです。黄色っぽいのはコケなのですが、根っこが食いついていて簡単には取れません、150kgの水圧で吹き飛ばすように洗い流していきます。屋根の中でも北側の面が苔が付着しやすいもので面ではっきりと劣化の状況が変わります。塗装するためにはこの苔はきっちりと落さなければなりません。塗った後に苔ごとはがれ落ちてしまわないためです。

大道 山崎邸_170501_0019.jpg

屋根シーラー

屋根のシーラーを塗っているところです。高圧洗浄でコケや傷んだ屋根の表面を洗い流していますので、表面が弱い状態(コーティングなし)になってしまっていますので、まず初めにシーラーを吸い込ませて上塗りをする準備をします。あらかじめ吸い込ませてある程度固めてあげることで上塗りの効果を上げることができます。

大道 山崎邸_170428_0002.jpg

屋根上塗り1回目

屋根の上塗り1回目を塗っているところです。シーラーを塗ってある程度吸い込ませた表面に上塗りを塗っていきます。今回の屋根は少し溝が深くできており、ローラーだけではでは塗りきることができませんので、あらかじめ刷毛で溝を塗ってから平らな部分をローラーで塗っていきます。なおかつ乾きすぎるとムラになってしまいますのでなるべく素早く塗り広げていきます。

大道 山崎邸_170501_0023.jpg

屋根上塗り2回目

屋根の上塗り2回目を塗っているところです。今回の屋根の形状は塗り残しが出やすい形状ですので、全体を塗る前に塗り残しがないかあらかじめチェックしてから全体の塗装をします。上塗りを塗る前に屋根の割れや欠けをチェックし、かけらが残っている場合は補修してから塗装をしています。

大道 山崎邸_170501_0023.jpg

屋根上塗り2回目

屋根の上塗り2回目を塗っているところです。今回の屋根の形状は塗り残しが出やすい形状ですので、全体を塗る前に塗り残しがないかあらかじめチェックしてから全体の塗装をします。上塗りを塗る前に屋根の割れや欠けをチェックし、かけらが残っている場合は補修してから塗装をしています。

大道 山崎邸_170501_0021.jpg

シーリング施工(ガン)

シーリングを打ち込んでいるところです。以前はシーリングといえば白、アイボリー、黒、グレー、茶色などの決まった色しかありませんでしたが、近ごろのリフォーム用に考えられていて、サイディングの色調に合わせた色で色を注文することが主流になってきています。今回はかべは透明を塗りますので他とシーリングの色が違っているとおかしくなってしまいますので特に色を調整する必要がありました。しかし、一般の塗りつぶしの壁や木部などの場合でもできるだけ上に塗る色に近いシーリングを選択するほうが、長い目で見たときに色あせたり万が一はがれてしまったときにも下に同じような色のシーリングを使っておくことで目立たなくできる効果があります。

大道 山崎邸_170501_0020.jpg

シーリング施工(ならし)

ガンで打ち込んだシーリングをヘラで均しているところです。均す場所に応じてヘラを自分で削りだして作成したものを使っています。道具をカスタマイズして使うのは一見面倒くさいかもしれませんが作業自体の効率は格段に向上しますので結果的には早く上手に仕上げることができます。

大道 山崎邸_170501_0008.jpg

外壁(レンガ調)クリア塗装

外壁のうちのレンガ調の部分を塗っているところです。塗った所と塗っていない所がわかりやすいように少し角度をつけて写真を撮ってみました。今回塗っているのは艶ありの材料を使っています。単に透明色の塗料というわけではなく紫外線を防ぐUVカットの効果もありますので表面の劣化を遅らせることができます。

大道 山崎邸_170501_0011.jpg

外壁(レンガ調)クリア塗装(2回目)

外壁(レンガ調)のクリア塗装2回目を塗っているところです。2回目の塗装に入る前にサイディングか欠けてしまっているところや傷がついてしまっているところの色を補修してから塗っています。

大道 山崎邸_170501_0014.jpg

外壁(白色)下塗り

外壁(白色)の下塗りをしているところです。今回はサイディング用の下塗り材料を塗っています。

大道 山崎邸_170501_0015.jpg

外壁(白色)上塗り

外壁(白色)の上塗りをしているところです。レンガ調サイディングとの境目にはマスキングテープを張ってラインを出していきます。

大道 山崎邸_170501_0025.jpg

足場解体中

写真にはありませんが雨戸や破風、樋などを塗り終えて足場を解体しているところです。最後の最後までやり残したことがないのか確認し足場をぐるぐるぐるぐる回った後に解体です。足場の解体は足場屋さんに任せていますので、交通整理のようなことを周りでしています。

大道 山崎邸_170428_0001.jpg

工事完了

施工させていただいたのがちょうど桜の咲いているまっただ中でした。桜が咲いていると、いろいろな人々が立ち止り感動したり、眺めたり、周りでお昼を食べてみたりしていました。桜が散り始めると桜の花びらが塗ったばかりの屋根に飛んできてしまったりして大変でしたがそれも思い出の一つになりました。桜が満開で咲いているときでなおかつ現場から見えるところで咲いていてくれて気分も明るく春らしい気分で仕事をすることができました。ご依頼いただき本当にありがとうございました。