金沢区H島メリーゴーランド屋根塗装工事

DSC02815.JPG

メリーゴーランド

今回は金沢区にあるH島の島内のメリーゴーランドの屋根の修繕・塗装をご依頼いただき施工いたしました。金沢区にあるこの有名な施設にかかわれることはとてもうれしいことであり、また、シンボリックな遊具たちにかかわることは誇らしく大変気合がはいり、思い入れも強い工事となりました。

5318.jpg

本体上部の三角帽子のような部分

本体上部の一番上のほうにある三角帽子のような部分ですが、やはり海を間近に望む立地のため雨風+海水の影響によってかなり過酷な環境下にあるといえます。作業をしていて肌で感じましたが、屋根くらいの高さの場所になると、地上とは風の強さが違います。地上ではそこまで強く感じなくても上へあがるとびゅんびゅんに吹いていることが多々ありました。その風によって海から塩分を含んだ海水が舞って飛んでくるのです。この屋根自体は鉄でできたものに塗装をして保護しているものなので、塗装が劣化しはがれた部分や継ぎ目や角の部分などがやはり先に錆びてきてしまいます。そういったところは局所的に劣化が著しく進んで穴が開くほどになっていました。

写真はやすり掛けをして錆止めを塗ったところです。これは全体のうちのほんの一部です。

5321.jpg

大きくあいた穴

こういった穴はかなりの数あいていて、塗装としてはこのままでは仕上げることができませんので、いつもお世話になっている板金屋さんに補修をお願いしました。

5307.jpg

穴を板金で補修

板金屋さんにはこういった形で雨が侵入しにくい形で板金補修をしていただきました。ただ上にかぶせるだけではなく下から差し込んで固定することで上からの水は侵入しづらくなります。

5323.jpg

てっぺんの穴

メリーゴーランドの一番上の頂点の部分です。現状は穴が開いていて何があったのかはわかりませんが、このままでは水が入りたい放題になってしまいます。

5317.jpg

てっぺんの穴の補修

頂点の部分をステンレスで穴埋めをし補修しました。この部分は周辺では高いところにあり、周りが見渡せるのか、鳥がよく止まる場所になってしまっていました。穴が開いているときはなおさら足がかけやすく止まりやすい場所になってしまっていたのではないでしょうか。そうすると鳥は糞をして去っていくことが多いので、せっかく塗装しても汚されないように滑りやすいつるつるの状態にしました。

5304.jpg

写真は三角帽子でいうと帽子のつばの部分にあたる白いところです。

頂点から入り込んだ水がこういうところにたまっていたのでしょうか、上をふさいだので水を抜く作業をしました。かなり大量の水をためこんでいたらしく、しばらく水は止まりませんでした。

5306.jpg

電球周りの劣化部分

三角帽子の周りに電球付く部分があるのですが、この付近も水が滞留しやすいのか劣化が激しかったです。錆びた部分をやすりやワイヤーブラシで落とした後に錆止めを塗ってある写真です。

5288.jpg

電球周りの補修

電球のソケットの部分に穴をあけて板金を張り付けて補修しました。

5281.jpg

三角帽子錆止め塗装

全体の上のほうから仕上げていくために三角帽子の上のほうから塗装を始めます。まずは頂点の球体を上塗りした後に三角帽子に錆止めを塗っています。高所かつ強風が吹く可能性のある作業で危険を伴いますので安全帯を取り付けて落ちないように作業を行います。

5276.jpg

三角帽子上塗りの塗装

錆止めが乾燥したら毛足の長めのローラーでなるべく厚く塗膜がつくように塗っていきます。

5275.jpg

三角帽子上塗りの塗装

三角帽子の上塗り2回目を塗っています。塗っている姿が映るほど光沢がでました。

5316.jpg

劣化部錆止め

今度は三角のところから降りた平らな屋根と三角がぶつかる角の部分です。写真は先行して部分的に錆止めを塗ったところです。全体はもう一度全部錆止めを塗るのですが、板金屋さんが補修する前にタッチアップという形で錆止めをあらかじめ塗っておきます。こういった重点的にやるべきところには塗り回数を増やします。

5302.jpg

劣化部板金補修

こういったところも下から板金を差し込んでいきます。写真の黒い点はビスで止めているのですが、ビス止めのほかにビスが止まるばしょやその周りに接着剤を充填してさらに接着しています。こういった板金はあらかじめある程度の大きさに切った板金を取り付けるところに持ってきて金属用のはさみで微調整して取り付けます。

5274.jpg

屋根部分(上部)錆止め塗装

今度は斜め屋根の部分の全体錆止めの塗装へ移ります。写真はローラーを使っても入らないところや刷毛で塗ったほうが早いところを先に塗っているところです。この後に追っかけでローラー塗りの担当が塗っていきます。

5273.jpg

屋根部分(上部)上塗り塗装

錆止めに続いて上塗りをしています。同じように刷毛とローラーの担当に分かれて順番に追いかけながら塗っていきます。私見になってしまいますが、白から緑へとはっきり変わる様は塗っていてとても楽しい瞬間でもあります。

5267.jpg

屋根部分(上部)上塗り塗装

写真は上部のみ上塗りを終えたところです。平らな部分と下部の斜めの屋根などは白い状態が錆止めの状態です。

5266.jpg

シャッターボックス錆止め塗装

写真は正面にある大きなシャッターボックスを高所作業車を使い塗ります。写真はシャッターボックスの屋根の部分に錆止めを塗ったところです。高所作業車を使うときはサポートや周りの安全確認の役割もあるため、2人1組で作業を行います。

5263.jpg

シャッターボックス上塗り塗装

シャッターボックスの高所作業車を使わないとできないところを塗り終えたところす。屋根の部分も緑色に仕上がっています。写真に写りこんでいるのは高所作業車の影なのですがいい感じに写真に納まっていますね笑

5259.jpg

下部屋根上塗り塗装

写真は下部屋根の斜め部分を上塗りしています。左側に手摺のようなものが見えていますがそこについている電球は内外でものすごい数があります。この塗り替えを機に切れている電球も一緒に交換してリニューアルしています。

5254.jpg

下部屋根上塗り塗装終了

下部の斜め屋根部分の上塗りを終了したところです。これで大体の塗装は終わりました。

DSC02814.JPG

塗装終了

外から全体を映したところです。

DSC02815.JPG

塗装終了

こうして実際にはっきりと塗ったとわかる色を塗るときが塗装屋として、「塗ってるなー。」と実感するとともに、前々回のH島タワーや前回のブルーフォールもそうですが地域のシンボリックな建築に携われているという実感にもなりました。私どもにこのような仕事を任せてくださり本当にH島スタッフの方々には感謝のほかありません。本当にありがとうございました&これからもどうかよろしくお願い致します。