金沢区D様邸住宅塗装工事

01-1.jpg

ビフォア1

今回は色使いを変えてイメージチェンジを考えたお宅のビフォアアフターを掲載します。これは塗る前の一枚です。玄関へ向かうアプローチのまず最初に目に入ってくる面であり、顔といってもいいと思います。その場所の色を変えます。

01-2.JPG

アフター1

写真は塗り終わって色の変わった様子です。白系から黒系へガラッと変わりました。今までよりもモダンなイメージになりました。色を変えるだけでも作りは昭和でも全体のイメージを変化させて新しく見せることができると思います。

02-1.jpg

ビフォア2

写真は玄関前の庭スペースの周りの写真です。当初は真っ白で清潔なイメージだったのかもしれませんが、壁の凸凹の部分には長年の汚れがしみ込んでいて、白というイメージとは遠くなってしまっていると思います。雨戸や戸袋も風化してもともとは茶色だったものがあずき色くらいまで色あせてしまっています。

02-2.JPG

アフター2

アフターの写真です。全体のバランスの中で白色と黒色のバランスを考えて配色しました。全部黒くしてしまうと重たく暗いイメージになってしまうので、飛び出した部分と向かって左のほうの上のほうにある軒天の部分だけを黒くしました。玄関の周りが暗くならないようにしました。今回の工事では雨樋も色を合わせて交換し、雨戸、戸袋も全体の色に合わせて塗装しています。
このようにバランスよく色を配置できればイメージチェンジをすることができます。

03-1.jpg

ビフォア3

これは家の裏側のビフォアの写真です。
裏側も全体的に白色がくすんでぼやけたイメージになってしまっています。
長年住んでいる中で壁についている配管もいらないものが出てきていますが、そのままついたままになっていたりします。そういったものもこの際取り除ききれいにしてしまいます。

03-2.JPG

アフター3

塗り終わったところです。大体白黒半分ずつくらいの割合で配色しています。壁についていたいろいろないらないものは撤去してなるべくシンプルに白黒のはっきりしたイメージを生かせるようにしています。ビフォアの少しくすんだぼやけたイメージがはっきり白黒といったイメージに変わりました。